間違いを認めたくない

誰しもプライドというものをもっていて、それはとても大切なことであると思います。
プライドがあるから、自分の行動に責任を持とうという気持ちになるのだと私は思っています。

でもプライドがありすぎるのもどうかと思うのです。
たとえば仕事をやったとして、それが間違っていたとしたら、素直に受け取るべきなのです。
すみません、その一言で救われるのです。

大体おかしなプライドにこり固められている人はそこで、「でも」「ですよね、気づいていたんですけど、確認で」とかいうしょうもない最後の暴れをするのです。

それがとてつもなく見苦しく見えるのが社会人になってからです。
どんな人も謙虚な気持ちを忘れずにいることで、人は常に周囲から成長を促してもらえるし、ここぞというときに救ってもらえるのです。
人との関わり方は、自分のこれからの伸び幅に直結するものだと私は思っています。