私たちの食生活と子供の成長について

私たち日本人の食生活について、昔は今程色々な食品添加物がなかったように思います。
昔と今とでは、スーパーに並ぶ食品やお菓子、飲料に至るまで様々な物が並んでいます。
それらは、一応国の基準をクリアした物なのでしょうけれど、私たちは注意をしないで口に運ぶ事もあるでしょう。
ネットでは、欧米では認可されていない食品添加物が日本では使われていたり、またそれが何なのかなど、調べないと分かりません。
それらを生涯食べ続けた場合、身体にどの様な影響があるのか、また病気にならないか、昔の子供たちと今の子供たちとでは、摂取する機会はたくさんあります。
添加物や人口着色料、人工甘味料などが入っていない食品を探すのも大変な事ですが、なるべく自然に近い物を摂取したいものです。
東日本大震災が起きてから放射能などの影響もないこともないと思いますが、健康でいられる身体作りを考えていく事が親である私たち大人の役目だと思います。